驚き!EDは生活習慣によって起こる動脈硬化が原因だった

生活習慣で起こる動脈硬化がEDに!

EDの主な原因は血流の流れ悪くなることです。それは生活習慣によって引き起こされているのです。勃起力の低下は男性が最初に起こる生活習慣と呼ばれているほどです。

EDとはいったい?

EDは英語で(Erectile Dysfunction)の略です。性交渉するのに満足できる勃起ができない、勃起を維持できないことをいいます。

 

たまに中折れする程度なのでEDではないと勘違いされますが、頻度は関係なく満足できる性交渉ができない方は全てED(勃起不全)にあてはまります。

 

よくインポテンツとEDを混合してしまいますが、これは違うものです。

 

インポテンツとは『ポテンツ=能力』『イン=ない』という意味で、特殊な疾患や外傷によって、勃起機能が完全に損なわれている状態です。EDは勃起しないことではありません。治療すれば可能な病気です。

 

インポテンツは治癒しない・子孫を残せない状態
EDは治療可能な病気ということになります。

 

EDと動脈硬化

勃起しても硬さが足りない・持続力がなく中折れしてしまう。
こういったEDの原因となっているのが、動脈硬化による血管のつまりです。

 

 

 

動脈硬化って何?
動脈は心臓から全身に酸素や栄養を送る血管です。動脈は本来、弾力性があり、血液がスムーズに流れています。
動脈硬化と動脈がかたくなってしまうことです。動脈の内側にコレステロールなのど沈殿物がたまり、血液の流れを悪くしてしまう病気です。

 

ペニス付近で起こる動脈硬化がEDとなるわけです。

 

 

 

では、なぜペニス付近の血管は動脈硬化が起こりやすいのでしょうか?

 

その理由も簡単です。
ペニス付近の血管は細くデリケートだからです。

 

 

例えば
心臓の血管がホースなのに対して、ペニス付近の血管はストロー。
劣化すれば、どちらが先に詰まり、流れが悪くなるのでしょうか?
答えは言うまでもありませんね。

 

脳の動脈硬化が進み、脳梗塞を起こす動脈の太さは5〜7mm
心臓の動脈硬化が進み、心筋梗塞を起こす動脈の太さは3〜4mm
ペニス付近の動脈硬化が進み、EDになる動脈の太さは1〜2mm

 

血管が太いほど、動脈硬化の進行は遅いですが、大変な疾患へと繋がってしいます。

 

一番最初に起こる動脈硬化がペニス付近の血管だということがわかりますね。

 

動脈硬化は生活習慣病

動脈硬化は生活習慣によって起こる生活習慣病です。

 

生活習慣病は以前まで、成人病と呼ばれていました。
糖尿病・高血圧、脂質異常症・脳梗塞・心筋梗塞・などが代表的なものです。

 

高血圧や糖尿病の方は、血管が傷んでいる状態なので、高い確率でEDの方が多い。
そして、心筋梗塞や脳梗塞をなどを患った方はほぼ確実にEDなのです。

 

 

 

これらの生活習慣病の原因となっているのが、
食生活・運動不足・睡眠不足・喫煙・飲酒などです。

 

血管をつまらせるコレステロールを中心とした物質が血管に沈着して狭くしたり、血液の流れを悪くしてしまうのです。

 

 

血管は若返る

今まで、傷んでしまった血管は若返らないと言われていましたが、最近の研究では血管は若返ると言われています。つまり、生活習慣を見直せば、EDは改善するわけです。

 

 

生活習慣病には痛みがないものが多く、知らず知らずの間に進行していく怖い病気です。
気付いたときには、薬や透析などでしか、対処できないほどまで進んでいることも珍しくありません。

 

 

ですが、
EDは男性が最初に起こる生活習慣病ということを知っておくことで、今後の生活週間病の予防にもなるわけです。

 

EDには痛みがありません。そのため、性に興味がなければ、EDを放置している方も多いのです。これは、非常に怖いことなのです。なぜならEDは他の疾患の前兆ともえるからです。

 

EDは治療可能だと最初に説明しましたね。
早ければ早いほど、改善するのも早くなります。

 

一酸化窒素の分泌を増やす

 

私たちには動脈を健康的にたもつ一酸化窒素(NO)というガスが分泌されています。

 

一酸化窒素には動脈を拡張する働きや、活性酸素を除去、動脈硬化を抑制する働きがあります。

 

30代を過ぎたころから、体内で一酸化窒素(NO)の分泌が低下します。
また、動脈硬化が進むと一酸化窒素の分泌も低下してしまうのです。
いかにして、一酸化窒素を減らないかがカギになるのです。

 

 

運動

下半身の運動で血流の流れをよくすることで、一酸化窒素(NO)の分泌が増えます。

 

食事

食事では赤肉・魚・大豆などの良質なタンパク質を取ることでも一酸化窒素(NO)を増やすことが出来ます。肉は摂り過ぎは血管内皮細胞を傷つけ、一酸化窒素の分泌を低下させてしまうことがあるので注意してください。

 

サプリ

精力サプリメントにも多く含まされているアルギニンも一酸化窒素を分泌してくれるので、サプリで摂取するのもいいでしょう。

 

 

まとめ

 

少し大袈裟に話したかもしれません。ですが、EDを軽視してはいけないのです。
EDは性交渉が上手くできないだけの病気ではなく、大病の前兆です。

 

 

関連ページ

バイアグラでEDは改善しない?ED治療薬を使うときの注意点
世界中で一番使われているED治療薬はバイアグラです。このバイアグラをどうったものか知らずに使うのはオススメできません。バイアグラは勃起には効果的だが、EDの本質改善には繋がらない。